容赦ない質問も覚悟

転職での面接シーンにおいては、応募者の欠点や弱点を突くような質問も、容赦なく聞かれることが珍しくありません。
既に社会人経験を持つ転職希望者に対しては、即戦力を求められることが多く、一定レベルの水準をクリアしているのか、採用者側も厳しくチェックする傾向があるからです。

そのため転職希望者は、基本的な面接準備はもちろんのこと、個人的な欠点や弱点があるのなら、採用担当者の疑念や危惧を払拭できるだけの対応策や方法論を、予めしっかり考えておく必要があります。

例えば、全く未経験の職種に応募した場合、単に熱意を一方的にアピールするだけの精神論では、ライバルの中にいる何人もの経験者集団には太刀打ちできないでしょう。
即戦力を求める採用者側が、両者を天秤にかけた場合、経験者を有利に評価するのはごく自然なことだからです。
この点、求人広告やサイトなどに未経験者歓迎を掲げていたとしても、それは未経験者の応募を認めているというだけで、その先の採否までは何ら保証していません。
中途採用募集において企業側が求めているのは、あくまで即戦力となり得る経験者であることを、まずは認識すべきでしょう。

ではこのケースにおいては、未経験者はどのように対応すればいいのでしょうか。
まず明確な志望動機や熱意を伝えることは当然として、その根拠となるような具体的な形や姿勢を示すことが必要になります。
例えば未経験の職種に就くために、何年もかけて資格を取得したことや、前職で培った知識や経験がどれだけ志望職種で応用できるのかなど、具体的かつ詳細に説明することが重要となります。